スマホ セフレ

童貞卒業 セフレ
たいてい、スマホで、セフレと連絡取り合ってるんだけど、そのセフレとのLINEのやり取りをさ、妻が見ちゃったんだよね。
俺に、スマホ付きだして、セフレとの会話を見せて「これ、どういうこと?」って。
まぁ、LINEのやり取りだから、「今日はすごかった」とか「○○くんのえっちー」とか、「また、今度の火曜日、エッチしようね?」みたいな、証拠がザクザク。
スマホにロックかけてあったから、セフレの存在、よっぽどドジ踏まなきゃばれないと思ったんだけどね。
「ロックかけてあったよな?」って、俺、つい聞いたら、「ロック?そんなの数分で解除できるわよ!」って鼻で笑われた。
やっぱり「4989」じゃすぐばれるか。
「お望み通り、四苦八苦な目に合わせてあげる」って、妻の冷たい視線が痛いっていうか、見抜かれた恥ずかしさも重なって、もう穴があったら入りたかった。
一番屈辱的だったのがさ、目の前で、スマホの中のセフレとのやり取り、読み上げられたこと。
「なになに~?『俺はお前と出会えて、真の愛を知ったよ』。へー、そうなんだー。真の愛って、不倫なんだー」って。
「いや、そんなのセフレ相手のリップサービスだよ」ってこわごわ言ったら、頭叩かれた。
「『妻とは離婚するつもりだ。俺にはお前しかいない』だってー」ってケラケラ笑いながら、妻がどんどん壊れていく様を間近で見てた。
俺、その間、ずっと正座で座らされてた。
「慰謝料、覚悟しといてよね」って捨て台詞を吐いた後、妻は出て行った。
出会いカフェ